強くこすると肌が傷ついて炎症が起きてしまいます

強くこすると肌が傷ついて炎症が起きてしまいます

着の擦れやカミソリの摩擦などによって、メラニンが生成されることで起こります。このメラニンは肌を刺激から守るために作られるのですが、見た目が悪くなってしまうので困りものです。

 

消す方法を知らずに、無理にこすって落とそうとする人がいますが、それは正しい方法とはいえません。メラニンの色素は、洗う方法では改善されません。

 

それに、乳首の肌はとてもデリケートなので、強くこすると肌が傷ついて炎症が起きてしまいます。では、肌を傷つけることなく、乳首のピンクを消す方法はあるのでしょうか。おすすめは市販のジェルを使って消す方法です。

 

ジェルにはビタミンなど、色素を取り除く成分が入っています。ジェルを使ってピンクを消す方法のよい点は、乳首に塗るだけでいいので楽であるというところと、肌を傷める心配がないところです。継続して塗ることでピンクが次第になくなっていき、若いころのきれいな乳首が戻ってきます。

 

お店で売られているジェルの商品には、見た目が可愛らしくデザインされたものもあり、楽しく続けることが出来ます。以上が、乳首のピンクを消す方法に、ジェルをおすすめする理由です。